インターネットの契約を言えば・・・

「インターネットの契約を考えている。」
そう家電量販店の担当者に相談すると、担当者からは、光回線光ネクスト隼との契約を勧められるでしょう。
光回線や光ネクスト隼は、高速インターネット通信が安定的に行えます。



・・・ですが、良い物はやはり高い!
光回線や光ネクスト隼の月額料金は、安くないです。



月額料金を見てビックリ!



そこで、ADSLが選択肢の中に入って来ます。
ADSLは、良いプランでも光回線の半分ほどの通信速度しか出ません。
ですが、その分、月額料金は抑え目です。



↓お勧めのインターネット回線↓
UQ WiMAX

ADSLが一番安いと思っていたのに・・・

さて、これで安心。
インターネットの某比較サイトでも、ADSLの月額使用料金は3,900円と書かれていましたし、これならば、無理無く支払いも続ける事が出来ます。



・・・ところが、実際にプロバイダーから請求された金額は、同じ契約プランとは思えない金額でした。
6,050円!?」
何かの間違いだろう!



思っていた金額と違う!



大慌てで利用明細を確認すると、「プロバイダー料」、「50M基本料」、「ユニバーサルサービス料」、「標準工事費」、「回線利用料」、「通信機器レンタル費用50M」と、何やら、色々と書かれている様子。



実は、比較サイトや店頭で表示されている金額以外にも、実質、諸費用が上乗せされて請求されるのです。



例えば、「通信機器レンタル費用50M」ですが、これは、モデムや無線LAMカードのレンタル料金の事です。
無線LAMカードは必要無ければ返却出来ますが、モデムはインターネットをする上で必要なものですから、レンタルし続けるしかありません。



「回線利用料」ですが、これは、インターネット回線を設置する場所で、固定電話の契約をしていなかった方に請求されるものです。
・・・こう言った形で、インターネットの契約をする場合、思っていた以上の使用料金が請求されると言う事も普通にあります。

悪どいプロバイダーによるキャンペーン商法

更に、プロバイダーによっては、頼んでもいないようなオプション機能を無断で上乗せされる事もあります。
セキュリティ料、故障の際の保険、安心サポート料・・・他にも、取って付けたような、いらないオプションが勝手に付けられている事もあるのです。



いらないオプション料金を取られた男



利用明細を見てビックリ!
・・・そう言った事も多々あります。



口コミを読んでいると、キャンペーン商法に騙されて、月額15,000円が請求され続けていた・・・等と言う、お気の毒な方もいるようです。



こう言った事があるので、プロバイダー選びは慎重に行う必要があります。

固定回線よりもWiMAX

前述した通り、光回線やADSL等の固定回線は、明記されている金額よりも高い月額料金を請求される事が多々あります。
ですから、インターネットの契約を安い金額で・・・と考えると、実は、固定回線はあまりお勧め出来無いのです。
少なくとも、モデムのレンタル料金が毎月かかる部分は余計な出費ですしね。



では、他に何か無いのかと言うと、実は、WiMAXと言う素晴らしいインターネット契約があります。
WiMAXとは、モバイルルーターの一種で、無線でインターネット通信を行う事が出来ます。
無線ですから、外に持ち出して、出先でインターネットを楽しむと言う使い方も出来ます。



WiMAXを使って出先でインターネット!



従来のモバイルインターネットサービスは、毎月の通信量が制限されていました。
1ヶ月以内の通信量が7GB以上、または、3日間位内の通信量が1GB以上を超えると、通信のし過ぎと言う事で、速度制限がかけられているのです。



一方、WiMAXは速度制限の規制が緩いです。参考:
つまり、他社モバイルインターネットサービスと比べてたっぷりと、インターネットを楽しむ事が出来ると言う訳です。



インターネット使いたい放題



更に嬉しい事に、WiMAXは月々の使用料金が安いです。
モデムのようなレンタル品はありませんので、料金の上乗せも、基本的にありません。
ただ、キャンペーン商法はプロバイダーによって横行しているようですので、WiMAXもプロバイダー選びが重要になります。



WiMAXを提供している大元のUQ WiMAXを選べば、料金の上乗せはありません。
そう言った点で、UQ WiMAXはお勧めです。



▼UQ WiMAXをもっと詳しく▼
UQ WiMAX