PAGE TOP

プロバイダ お得 キャンペーン

太陽のご機嫌伺い

プロバイダが実施しているお得なキャンペーンについて、詳しく見て行きましょう。

WiMAXと言うモバイルインター
WiMAXと言うモバイルインターネットサービスの提供元は、auの子会社のUQコミュニケーションズです。なので、auに連携したサービスが複数存在します。そんな中で代表的なのが、auスマートバリューmineとなります。WiMAXサービスの契約を行った後にauで手続きを行なうと、auの料金が割引きされるサービスです。PEPABO WiMAXと言うプロバイダでWiMAXサービスの申し込みを行なうと、様々なキャンペーン特典が貰えます。

そのPEPABO WiMAXが準備しているキャンペーン特典の中でも特徴的なのが、レンタルサーバーヘムテルやホームページ制作サービスを運営するグーペ、フォトストレージサービスとなる30days Albumを無料で利用出来ると言ったキャンペーン特典です。いくつかあるPEPABO WiMAXの提供するキャンペーン特典の中のたったこれだけの特典だけでも、合計40


550円分の金額的メリットがあります。
更には、WiMAX業界で二番目に高額な現金キャッシュバックも貰えますから、実は、PEPABO WiMAXと契約を行なう金額的メリットは非常に大きいです。Speed Wi-Fi NEXT WX02(NAD31)は4×4MIMOと言う機能を搭載し、下り最大通信速度が以前の二倍となる220Mbps出る点が特徴のWiMAX端末です。4×4MIMOとはWiMAX端末内に装備されている4本の受信器と、WiMAX基地局に設置された4本の受信器で4回線の同時通信を行なう技術の事です。この技術により、下り最大通信速度が従来の110Mbpsと言った速度から、二倍の220Mbpsになる訳です。他にも、Bluetoothにも対応してますから、Wi-Fiよりもわずかな消費電力でテザリングを行なう事が出来ます。

WiMAXのサービスを利用する際は、速度制限と言う通信制限がある事も考えながら使いましょう。

他社のモバイルインターネットと比較すると、そんなにWiMAXは厳しめな速度制限を設定していません。



かと言って、速度制限が適用される場合がない訳ではありませんので、仕組みをきちんと把握しておくと良いでしょう。



だけども、速度制限が掛けられてしまったケースであっても、そこまでシビアなインターネット環境になる事はありません。
BIGLOBE WiMAX 2+でWiMAXサービスの契約を行なえば、二種類あるキャッシュバック特典の中から好きな方を選択する事が出来ます。
一つ目が契約12ヵ月目に手続き開始になる現金でのキャッシュバックで、もう一方のキャッシュバックキャンペーンが24ヵ月の間継続して毎月900G貰えるGポイントでのキャッシュバックです。Gポイントの方が貰える金額が少し多く、BIGLOBE IDとGポイント会員IDの対応付けを行った段階から受け取れるのに加え、受取り損ねてしまうリスクも現金キャッシュバックより低いです。GポイントはBIGLOBE WiMAX 2+の月額料金の支払いに利用出来ますし、SuicaポイントやnanacoポイントやTポイントなどの約140社のポイントに変換出来ます。
Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の後に続くモデルとして発表になったWiMAX機器が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15と言うWiMAX機器です。


Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15の持っている主な特徴としては、WiMAXとWiMAX 2+とau 4G LTEの三種類の通信回線を使い分ける事が出来ると言う点が挙げられます。

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はWiMAXハイパワーと言う技術を採用し、従来のWiMAX機器のWiMAX通信と比較すると、一回りくらい広いエリアでの通信を行えます。その他、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はクレードルと言う専用の充電台に対応したところが、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14との全く違うところと言えます。



URoad-Home2+はホームルーターとして製造されたWiMAX機器なので、バッテリーを内蔵していない為、使用用途は屋内使用のみに限られています。

ただ、可動式の高性能アンテナが外付けになっていて、受信性能の良さが特徴の一つになっています。更に、一度に16台もの機器をWi-Fi接続出来る上、2台の機器をLANケーブルを介して有線で通信する事が出来ます。



加えて、WiMAX通信だけを使用するノーリミットモードに対応していますので、速度制限に囚われる事なくインターネットを行なう事が出来ます。

周知のようにWiMAXには帯域制限がありますが、言われているほどハードなものではありません。ギガ放題プランで契約すれば、ハイスピードモードに対する月間データ量による速度制限がありません。
混雑回避の為の速度制限に関しても、他社モバイルインターネットサービスの3倍もの通信量を使用する事が出来ます。
通信制限の時であっても、動画の視聴が可能な通信速度は維持されます。


WiMAXサービスを提供するプロバイダの中でも、少し変わっているのが3WiMAXってプロバイダです。WiMAXサービスのプロバイダと言うとUQ WiMAXの系列のものが大半なのですが、3WiMAXはKDDI系列のWiMAXサービスを取り扱っています。


ですから、3WiMAXには提供されているWiMAX端末の機種が、他のプロバイダとは全然異なります。
具体例ですが、3回線を使用するキャリアアグリゲーションによって下り最大通信速度が370Mbps出る部分が特徴のSpeed Wi-Fi NEXT WiMAX 2+ W03や、下り最大通信速度が220Mbps出せるUSBタイプのWiMAX端末であるSpeed USB STICK U01など、他のプロバイダにはランナップされていません。


近年のUQ WiMAXサービスと言えば、au 4G LTEと言う通信回線を使用出来るWiMAX端末もラインナップしています。

au 4G LTE通信はauの基地局から発せられる通信回線で、人口カバー率99%を超えている、かなり繋がりやすい通信回線です。
800MHzと言う低周波数域を使うプラチナバンドで、障害物があっても貫通したり回り込んだりして、奥まった場所まで電波が届きやすいです。

従来のau 4G LTEの下り最大通信速度は75Mbpsでしたけど、下り最大通信速度が100Mbpsに対応した地域や、下り最大通信速度が150Mbpsに対応している地域も拡大して来ています。
電気屋で、店員から光回線の勧誘を受けまし
電気屋で、店員から光回線の勧誘を受けました。
でも、WiMAXを使っている私ではありますし、当然ながら、光回線は不要です。ですから、必要ない意思を店員に対して伝えると、想像してなかった返事が返って来ました。



WiMAXって、台風の日とか、受信できなくなるでしょう?しかし、今までのWiMAXユーザーとしての経験上、WiMAXと天候を関連付ける経験は一度だってありませんでした。強風で家が揺れる位の日もありましたが、WiMAXの通信環境に悪影響を及ぼす事はありませんでした。



Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)はキャリアアグリゲーションを搭載して、初めての下り最大通信速度が220Mbpsに及んでいるWiMAX端末としてラインナップされました。
Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)が登場した当初はキャリアアグリゲーションに対応するエリアは限定的でしたが、今は対応エリアが広がっています。他にも、au 4G LTEと言う通信機能はHWD15から踏襲し、広いエリアでの通信に対応している点がSpeed Wi-Fi NEXT W01の特徴の一つとなっています。
勿論の事、Speed Wi-Fi NEXT W01はクレードルにも対応してて、充電しながらの通信にも対応しています。



URoad-StickはUSBタイプの軽く小型のWiMAX端末で、持ち運び性が良くて便利です。
URoad-StickをUSBポートに接続することによって、給電しながら使用する事が出来ます。

難しいセットアップも不要で使えますから、そんな簡便性が評判のWiMAX端末となっています。使用可能な通信回線はWiMAXとWiMAX 2+となっていて、下り最大通信速度としては110Mbps出す事が可能です。最近、WiMAXの契約先の中には、独自の保証制度を設けるプロバイダが登場しています。例として、Broad WiMAXと言うプロバイダはご満足保証と言う保証の制度を導入しています。

あとは、GMOとくとくBB WiMAX 2+は20日間の保証制度を採用してます。どこの保証制度にしろ、契約解除料を支払わずWiMAXの解約を行なう事が出来ると言う制度となります。
GMOとくとくBB WiMAX 2+の契約時に付いて来るオプションサービスの中には、Wi-Fi(公衆無線LAN)接続オプションと言う月額料金362円のオプションサービスもあります。


Wi-Fi(公衆無線LAN)接続オプションとは何なのかと言うと、ワイヤアンドワイヤレス社の提供しているWi2エリアとUQコミュニケーションズ株式会社の提供しているUQ Wi-Fiエリアを利用出来るサービスの事です。対象となるWi-Fiスポットは全国に10000ヶ所以上存在していて、駅や空港やバス、飲食店やホテルなどと言った場所で使用する事が可能です。Wi2エリアの中では別途1時間利用ごと100円掛かるオプションエリアチケットを買い取る必要のあるエリアがありますが、オプションエリアチケットを買い取った料金分はGMOポイントで還元して貰えます。

WiMAXサービスを運営しているプロバイダの中でも、評判のプロバイダの一つとしてGMOとくとくBB WiMAX 2+があります。

GMOとくとくBB WiMAX 2+は様々なキャンペーンを展開しており、そのラインナップの豊富さも評判な理由です。

そればかりか、GMOとくとくBB WiMAX 2+が選択される一番の大きな要因は、業界でも最高額のキャッシュバックキャンペーンが挙げられます。

それに合わせて、サポート体制もしっかりしていて、そう言った点が人気を支える大きな要因となっているのです。


UQ WiMAXを購入すると、WiMAX機器しか使わないので、屋内がすっきりします。

光回線だとモジュラージャックとモデムと無線ルーターが必要で、その間をケーブルで繋ぐ必要性があります。
モデムは毎月レンタル料が必要で、毎月の使用料金に上乗せされます。
他には、モデムに無線カードを差し込む事も可能ですが、無線カードを使用する場合はレンタル料金を請求されてしまいます。

WiMAXのサービスの中で、一番サポート体制が充実しているのはUQ WiMAXでしょう。WiMAXサービスに対する情報を最も持っていますし、トラブルが起きた際のフォローも最も早くて的確で、電話サポートの対応時間も一番長いです。しかしながら、UQ WiMAXはその分キャンペーン特典の内容が今ひとつなので、代理店に申し込みをすると言う手段もあります。
代理店だとキャンペーン特典がある程度充実してますし、サポート関連はUQ WiMAXを利用すると言う良いとこ取りが出来ます。
UQ WiMAXに申し込むと、その利便性の高さにビックリさせられます。私が感じたのが、速度制限がそんなに厳し過ぎないと言うところです。

私はワイモバイルからUQ WiMAXへの乗り換え組なんですが、速度制限のせいでイライラする状況がありません。UQ WiMAXにも帯域制限はありますが、ギガ放題プランで契約すれば気にするレベルでは無くなるのです。
WiMAXサービスの月々の利用料金ですが、意外にも、契約先で金額が異なります。具体的な話、Broad WiMAXの場合は初めに高額な初期費用が掛かる代わりに、ずっと毎月の料金が割引きされます。
それから、GMOとくとくBB WiMAX 2+やRacoupon WiMAXは月額料金が大幅に安いですけど、申し込み25ヵ月目からの月額料金は高額になります。

この様に、各契約先によって月額料金に特徴がありますので、それを理解した上で契約先を検討しましょう。
最近のUQ WiMAXサービスと言
最近のUQ WiMAXサービスと言えば、au 4G LTEと言う通信回線を使用出来るWiMAX端末も登場しています。

au 4G LTE通信はauの通信回線で、人口カバー率99%を超える、かなり繋がりやすい通信回線なのです。800MHzと言う低周波数域を使うプラチナバンドで、障害物があってもすり抜けたり回り込んだりするので、奥まった位置まで電波が届きやすいです。

従来のau 4G LTEの下り最大通信速度はせいぜい75Mbpsでしたけど、下り最大通信速度が100Mbpsに対応した地域や、下り最大通信速度が150Mbpsに対応している地域も拡大しています。

Speed Wi-Fi NEXT W01はキャリアアグリゲーションと言う機能を搭載し、初めての下り最大通信速度が220Mbpsに達しているWiMAXの端末として登場しました。

Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)が発売された当時はキャリアアグリゲーションに対応している地域は限定的でしたが、今は対応している地域が拡大しています。


更には、au 4G LTEと言う機能はHWD15からそのまま踏襲し、広い地域での通信に対応している点がSpeed Wi-Fi NEXT W01の特徴の一つとなっています。
勿論の事、Speed Wi-Fi NEXT W01はクレードルにも対応していて、充電しながらのインターネットにも対応してます。
Broad WiMAXとは株式会社LinkLifeが管理するWiMAXサービスで、特に月額最安プランが特徴的です。

月額最安プランと言う料金プランの特徴を挙げるとすれば、月額料金が安い分初期費用が必要になる点にあります。とは言っても、一定の条件を満たす事で初期費用が無料になるWeb割と言うキャンペーンが実施されていますので、結局は初期費用は支払う必要が無くなります。



更には、いつでも他のインターネットサービスへ乗り換える事が出来るご満足保証と言う制度があったり、WiMAX端末が最短で即日発送されると言った部分もBroad WiMAXの特徴となっています。URoad-StickはUSBサイズの軽くコンパクトなWiMAX端末で、持ち運びが楽で利便性が高いです。
URoad-StickをUSBポートに接続する事によって、給電しながら使用する事が出来ます。

難しいセットアップも不要で使えますから、そんな簡便性が人気のWiMAX端末となっています。対応している通信回線はWiMAXやWiMAX 2+で、下り最大通信速度となると110Mbps出力する事が可能です。


GMOとくとくBB WiMAX 2+と契約時に付いて来るオプションサービスの中には、Wi-Fi(公衆無線LAN)接続オプションと言った月額料金362円のオプションサービスもあります。
このオプションサービスは何なのかと言うと、ワイヤアンドワイヤレス社の運営するWi2エリアとUQコミュニケーションズ株式会社の提供するUQ Wi-Fiエリアを使用出来るサービスの事です。


対象となるアクセスポイントは全国10000ヶ所以上で、駅や空港やバス、飲食店やホテルなどで使用する事が可能です。Wi2エリアの中では別途1時間利用ごと100円掛かるオプションエリアチケットを購入する必要のあるエリアがありますが、オプションエリアチケットを買い取った料金分はGMOポイントと言う形で還元して貰えます。WiMAXサービスを提供するプロバイダの一つであるPEPABO WiMAXは、通常3種類の料金プランが存在します。


28000円の高額な現金のキャッシュバックが貰える通常プランや、WiMAXサービスの月額料金の安い通常プランである月額割引プラン。
更に、ギガ放題プランを2年の間通常プランの月額料金で利用出来る料金プランがあります。


随時、もっと月額料金の安価なタイムセールと言う料金プランも登場する事がありますけど、これはいつもある料金プランではありません。
WiMAXには料金プランが幾つか存在し、選ぶ必要があります。


プロバイダによって多少の違いはありますが、大体、2種類の料金プランが存在します。気になる料金プランについてですが、通常プランとギガ放題プランです。


ギガ放題プランだと月額料金が高くなりますけど、その分だけたっぷりと通信量を楽しむ事が出来ます。その点、通常プランは月額料金が安いですが、速度制限が厳しくなってしまうと言う点に注意が必要です。毎月どれだけ通信を行なうかを考えながら、どちらの料金プランにするかを考えましょう。



PEPABO WiMAXでWiMAXサービスの契約をする場合、色々なキャンペーン特典が貰えます。そんなPEPABO WiMAXが準備しているキャンペーン特典の中でも特徴的なのが、レンタルサーバーサービスのヘムテルやホームページ制作サービスグーペ、フォトストレージサービスの30days Albumをタダで利用出来ると言うキャンペーン特典です。
いくつかあるPEPABO WiMAXの提供するキャンペーン特典の中のこれだけの特典だけでも、合計40550円分の金銭的メリットがあります。更には、WiMAXプロバイダで二番目に高額な現金キャッシュバックも貰えますから、結局、PEPABO WiMAXの金銭的メリットはとても大きいです。

WiMAXに申し込むと、その機能性の高さに驚かされます。

自分が感じたのが、速度制限が厳し過ぎないと言う部分です。

自分はワイモバイルからUQ WiMAXへの乗り換え組なんですけど、速度制限のせいでイライラする状況がありません。
UQ WiMAXにも速度制限はありますけれど、ギガ放題プランで申し込めば気にするレベルでは無くなるのです。WiMAXサービスの申し込みを検討する時には、少しでもサービス内容に疑問がある事で手続きを進めれなくなる事があります。ご質問先の電話番号が掲載されていても、押し売りされるのではと心配になってしまいます。
そんな不安を考慮して作られているのが、nifty WiMAXのキャンペーンサイトに備え付けられているチャットスペースです。
質問が出て来た場面で入力して送信出来、すぐに専門のスタッフから返事を貰う事が出来ます。